Twingoな日々: 六義園のしだれ桜と巣鴨・韓国家庭料理 伽椰琴〜カヤグム〜

2008年04月01日

六義園のしだれ桜と巣鴨・韓国家庭料理 伽椰琴〜カヤグム〜

駒込・六義園のしだれ桜
(2008年3月29日21:05)
土曜日の過去ネタ。
今日は天気も良く絶好のお花見日より。昼間は別の用事があったこともあり、都内で夜桜見物することに。
上野の山も隅田川もいいけれど、行った事のない駒込・六義園(りくぎえん)のしだれ桜を愛でに行きました。
スゴイ! 感動モノです。週末は物凄い混みますが、行く価値アリです。

しかし花よりダンコな我々(笑)。地元在住のカンマニさんに聞き、お勧めの韓国家庭料理のお店「伽椰琴〜カヤグム〜」へ向かうことに!
大食漢でグルメな彼がオススメするくらいなんで、ボリューム・味ともに満点、ということ。こりゃ期待大です!
巣鴨・韓国家庭料理 伽椰琴〜カヤグム〜

白山通りから一歩入ったところにあるカヤグム。外観はちょっと地味。

カヤグムの海鮮チヂミ
海鮮チヂミ 1500円
自慢のチヂミは、TV番組『チューボーですよ!海鮮チヂミ編巣鴨の巨匠として紹介されたこともあるらしい逸品。

カヤグムのスンドゥブチゲ(豆腐鍋)
スンドゥブチゲ(豆腐鍋・写真は1人前) 2500円
韓国味噌の味がぐぅ! 豆腐の優しさとホットな辛さで心も体も暖まります(表現が陳腐ですまん。でもそう思ったのだよ)。
いつも良く食べる銀座漢城軒の純豆腐チゲに比べてもまた違って、あちらのほうが辛さ控えめでまあるいお味と感じた。

カヤグムのサムゲタン
サムゲタン 2500円
若鶏の中に各種薬剤(朝鮮人参、栗、棗[ナツメ]等)を入れ、長時間煮込んだ韓国の誇る薬膳料理。韓国では特に夏バテ対策に必須。(「ぐるなび」より)

とろっとろに煮込まれた鶏肉。淡白で、それでいて濃厚なスープがグツグツと。滋味深い味が花冷えの夜にぴったり!
旨い!




満足満足・・・
ごちそうさまでした。

◎韓国家庭料理 伽椰琴〜カヤグム〜
■住所:東京都豊島区巣鴨1-3-4 巣鴨第一ビル 1F
■電話:03-3946-8089
■営業時間
 11:30〜14:00(ランチ・月〜金のみ)
 17:00〜23:00(L.O.22:00) 
 (※土・日・祝:17:00〜22:00/L.O.21:00) 
■定休日:無休 

ぐるなび

ホットペッパー.jp

巣鴨・カヤグムのメニュー
メニュー

駒込・六義園のしだれ桜


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。