Twingoな日々: 【ランチ】「元祖!ダブルスープ」飯田橋・中華そば青葉 飯田橋店 その1/中華そば&つけ麺

2008年01月30日

【ランチ】「元祖!ダブルスープ」飯田橋・中華そば青葉 飯田橋店 その1/中華そば&つけ麺

中華そば青葉 飯田橋店

過去ネタ。

ラーメンのことは疎いワタクシでも、「青葉インスパイア系」なる言葉は聞いた事があります。


1996年中野に出来た「中華そば青葉」。コンセプトは、九州ラーメンと東京ラーメンの融合だといいます。
九州独特の「コク」と東京の「香り高い和風だし」。
お互いの弱点を押さえ、しかも殺しあわないように上手く生かしたというワケ。
凄い!



その「ダブルスープ」(その言い方も最近良く聞きます)の衝撃的な味に、ファンのみならず多くのラーメン店主がショックを受けたとかなんとか。
冒頭の「インスパイア系」とは、つまりこのスープに影響された(であろう)店のことを、世のラーメンヒョーロンカが名付けた呼称のようです。

■参考:中華そば青葉 公式ホームページより


で、今では首都圏に14店舗の展開を誇るようになりました。ふーん。
そんな中でも、一番古くからあるという飯田橋店に行ってみることに。

飯田橋・中華そば青葉 飯田橋店/中華そば
中華そば 650円

飯田橋・中華そば青葉 飯田橋店/つけ麺
つけ麺 700円

■感想
1.店の雰囲気・接客 ★★★★★
L字型、12席ほどの小さい店舗で、店主サンと女子店員サン(中国系)が繰り広げる天才的な仕切りを魅せてくれます。
何気なくやってるけど、凄いコンビネーション技の応酬。
他のラーメン店でこんなの見たことありません。必見。

2.盛り付け ★★★☆☆
シンプル!
メニューは上記2つの他にチャーシュー、メンマを増量し、味付卵を加えた各「特製」もあります。
そっちにすりゃ良かった・・・

飯田橋・中華そば青葉 飯田橋店/つけ麺のスープ
つけ麺のスープ

3.味 ★★★★★
最初あっさり和風だし、そして濃厚な味わいへ。

少ない経験からしても、確かにコレを超えるスープの濃度、コレを超える充実度をみせるメニューなど、後発組が更なる展開をみせているのも事実。
そっちを食べ慣れると、物足りないと思う人もいるのかもしれません。

しかしこの元祖ダブルスープの完成度は、なかなか超えられるもんじゃないとも実感。やっぱり旨い!

飯田橋・中華そば青葉 飯田橋店/中華そばの麺

麺はそれほど太くなく、コレも余所で最近良く見る極太麺に比べると控えめ。でもコシがあってぷりっぷり。旨い。

4.量 ★★★☆☆
男性客は物足りない・・・かも。

5.価格とのバランス ★★★★☆
特製に惹かれるも、各850・900円は微妙なプライス。
どちらにせよあと100円安いともっとウレシイ。


ラーメン初心者のワタクシにも分かるこの凄さ。
ま、中野本店の味は食べたことがないのですが・・・
満足満足・・・ごちそうさまでした。
★★★★☆(3.6点)

◎中華そば青葉 飯田橋店
■住所:東京都千代田区富士見2-12-16
■電話:03-3239-2839
■営業時間:11:00〜20:00(スープがなくなり次第終了)
■定休日:日曜
(年末年始の営業:12月29日〜1月6日まで休業)
■座席数:12席
■ホームページ:http://aobai.jp/


posted by とく@千葉県民 at 08:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | OVER700円中華/ラーメンランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。