Twingoな日々: 「こってり、やがてサッパリと」御茶ノ水・めん徳 二代目 つじ田 小川町店/二代目つけめん

2008年01月19日

「こってり、やがてサッパリと」御茶ノ水・めん徳 二代目 つじ田 小川町店/二代目つけめん

御茶ノ水・めん徳 二代目 つじ田 小川町店
今日は午後から水道橋でお仕事。ちょっと早めに出て、周辺で食事をすることにしました。
こういうときはやはり、宿題店をやっつけねば!

・・・というワケで・
ちょっと手前の御茶ノ水で降り、有名店「めん徳 二代目 つじ田 小川町店」に立ち寄ることに。
「二代目」とあるけど、ネットでサラっと調べた限りでは、かつて高円寺の居酒屋「つじ田」で出していたラーメンの味を引き継ぎ、麹町に作った「二代目つじ田」の2号店・・・らしい(長い)。

あまり既成概念は入れないで行ったほうがいいのかもしれないけど、「つじ田」の公式ホームページがあったので事前にチェック。

それによれば、スープは『国内厳選の豚骨、比内地鶏の鶏がら、魚介、野菜、他合計十数種類の食材を元に』作られたもの。
麺は『「三河屋製麺」でラーメン用、つけ麺用共に改良した二種類の特注麺を使用』するのだとか。

二代目 つじ田の店頭
店頭に置いてあったお番茶
11時50分頃店に着くと、店内はほぼ埋まり、行列が10人程度。
まずは店頭で食券購入。
で、行列客用に赤外線ヒーターと暖かいお茶。
コレ、「京都一保堂」の煎り番茶、だそうで。ちょっと煎り過ぎで焦げ臭い気もするけど、ともあれ寒い中待つ身には嬉しい。

ま、それはさておき。
要は味でしょ、味。

御茶ノ水・めん徳 二代目 つじ田 小川町店/二代目つけめん
二代目つけめん 980円

つじ田のホームページによれば、食べ方にも流儀があるそう。
まずは

御茶ノ水・めん徳 二代目 つじ田 小川町店/二代目つけめん
「三河屋製麺」でつけ麺用に改良した特注麺

1.そのまま。

というのでつけ汁につけていただきます。
クドすぎない程度に濃厚。あつ盛りではなく、スープもグツグツではないのでややヌルい感じ。

2.その次に、麺にすだちを絞って。

めん徳 二代目 つじ田の二代目つけめん
麺にすだちを絞る

ややっ!
こりゃ意外な発見。サッパリとスルスルいただけます。旨いっ!
ヌルいのも気にならず。ってかサッパリ感を引き立てくれるちょうど良い温度、って感じ。

3.さらに、薬味をかけて。

二代目 つじ田の備え付け「黒七味」
黒七味

で、そのこだわりの薬味が「黒七味」。創業元禄十六年(1704)という老舗の品で、現13代目が一人で全行程手作業にて製造しているのだとか。

山椒や胡麻などがブレンドされた七味はすんごく香り高い。確かにこだわりの味。なるほど〜。

■感想
1.店の雰囲気・接客 ★★★★☆

2.盛り付け ★★★☆☆

3.味 ★★★★★
ぷりっぷりの麺も旨かった!

4.量 ★★★★★
麺の量も十分!

5.価格とのバランス ★★★★☆
やはり1000円はちょっと高い!

ごちそうさまでした。
★★★★☆(4.2点)

めん徳 二代目 つじ田 小川町店
■住所:東京都千代田区神田小川町1丁目4
■電話:03-5256-3200
■最寄駅:
 地下鉄:新お茶の水/小川町/淡路町(各徒歩一分)
 JR:JRお茶の水駅/神田駅/秋葉原駅(徒歩8分)
■営業時間:
 平日 11:00〜15:30、17:00〜21:30
 土・祝日11:00〜20:00
■定休日:日曜日
■客席数:16席

「めん徳 二代目 つじ田」二代目つけめんの食べ方


ラベル:つけめん つじ田
posted by とく@千葉県民 at 22:40| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | OVER700円中華/ラーメンランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おらもらーめんあんまりたべないんだけんど
ここのはだいすきだあ。

ちなみにいくのは、こうじまちのほうですけんども。
Posted by ie at 2008年01月23日 20:47
自分はまだ未食です!
弟子の店はっかいには顔出してるんですけど
価格がどうも微妙なんですよね...

酢橘の変化は納得のいくところなんですが(笑)
Posted by たろりん at 2008年01月25日 22:27
毎度毎度の遅レス、申し訳ございません・・・
>>各位

こうじまちが本家、なんですよね。
今度はラーメンのほうをチャレンジしてみます!
>>ie殿
Posted by とく@管理人 at 2008年01月27日 09:17
>>たろりんサマ

えー未訪店があるんですねえ!(驚

で、そうそう、価格はちょっと高いですよね。ラーメンで1000円はコスパいまいち。
っていうか、高くて800円ですよね、ラーメンに出せる価格って。訪問しておいてなんですが(笑)。よほどの魅力が無いと、それ以上はなかなか。
Posted by とく@管理人 at 2008年01月27日 09:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 一保堂一保堂(いっぽうどう)は、京都市寺町通二条通|二条上ルにある茶舗。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Arti..
Weblog: お茶辞典
Tracked: 2008-02-07 08:05

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。