Twingoな日々: 【ルーテシアな日々】ルーテシア1.2QS5 1ヶ月インプレッション その2「パッケージング・インテリア(後編)」の巻

2007年12月14日

【ルーテシアな日々】ルーテシア1.2QS5 1ヶ月インプレッション その2「パッケージング・インテリア(後編)」の巻

ルノー_ルーテシア_1200_クイックシフト5_サイドビュー
■感想 その2。
1.パッケージング・インテリア(後編) ★★★☆☆

(<<前編より続く)
このままじゃあまりにもかわいそうなんで?
ちょっとだけ「良い点」

良い点その1
シートです。
ルノーを愛する我々にとって、シートの良さは拠り所のひとつ!・・・といったら言い過ぎ!?

ルーテシア_クイックシフト5_3ドア_フロントシート


しかしそのシートは、上級グレード用のたっぷりしたサイズのそれとは違い、1.2リッター車には廉価版向けにサイドサポートの機能などを簡素にしたやや小さめな椅子がついています。
上下リフター付きだけど、ランバーサポート調整機能などは付いていません。
とはいえ、これはこれで十分にふんわりと腰部や太ももの裏を支えてくれます。第一印象はまあ好印象。
ただ気になるのは、椅子自体がちょっと華奢かなと思う点。これで長距離は大丈夫かなあ、なんて思う面もあります。
ま、コレについては、イッキに300km以上ドライブしてみるまで、詳しい評価は差し控えます。

ルーテシア_クイックシフト5_3ドア_リアシート
リアシート
※向かって左のヘッドレストは上げてあります

良い点その2
見晴らしの良さ

仕事柄、いろいろと最新のモデルに乗せて頂ける機会があります。で、イマドキのクルマに乗って気づくのは、窓の下端が妙に高いということ。
さらにドアとドライバーの肩周りの空間も妙に広くとってあり、ちょっとスカスカな感じすらします。包まれ感はあるけれど、ちょっと閉所感を感じることも。

これは、側面衝突安全基準が年々と厳しくなってきたため。乗員の安全を考えたらそりゃもうウェルカムなんだけど、ちょっと寂しい。
その点でいうと、我が家のルーテシアはGOOD! 開放感も満点です。

ルーテシア_クイックシフト5_3ドア_インパネ
ルーテシアのインパネ。6年モノのDVDナビはトゥインゴからの移設です

天気の良い休日の午後。窓を開けて肘をかけながら、ルーテシアでプラっと近所を流す時。些細なことだけど、ああ気持ちいいなあ、このクルマ買って良かったなあとしみじみする瞬間があります。ああ小市民。

ま、確かに側面衝突対策で言うと、最新モデルに比べるときっと劣るワケですが・・・いちおうサイドエアバッグは付いているので、ま、ギリギリ許容範囲かな、と・・・


というワケで、またまた次項に続くっ!


posted by とく@千葉県民 at 09:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ルーテシアな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。