Twingoな日々: 【チャレ・ラー】五香・13湯麺(かずさんとんみん)/湯麺セット

2007年03月30日

【チャレ・ラー】五香・13湯麺(かずさんとんみん)/湯麺セット

五香・13湯麺(かずさんとんみん)
「チャレンジtheラーメン!」企画第三弾は地元、千葉!
と言ってもワタクシの住む千葉市からは随分と遠いのですが・・・。

JR常磐線松戸駅から私鉄の新京成線に乗り10分ほどの五香という駅のすぐそば。千葉を代表する名店(らしい)『13湯麺(かずさんとんみん)』というお店です。
オーナーは明星食品でカップ麺の開発に従事。13年目に脱サラしてこの店を始めたことからこの店名なのだとか!
お店のサイトには、実に正直にそのスープや麺の素性が記されていてびっくり。

■参考
こだわり(「13湯麺サイト」より)


日本の道100選『五香・さくら通り』
今日は、会社帰りにちょっと遠回りをして立ち寄ってみました。折りしも五香は、桜祭りの季節!
日本の道100選にも選ばれた駅前から続く「さくら通り」が、まさにこれから咲き誇る頃でした!
この時期必見!!

【ラーメン】五香・13湯麺(かずさんとんみん)/湯麺セット
湯麺セット 630円
湯麺にチャーシュウ・青菜・メンマがトッピング

■参考:その他のメニュー
13湯麺 メニュー

■感想
1.店の雰囲気・接客 ★★★☆☆
サンバ好きのオーナーの趣味で、軽快な音楽。
カウンター前にはずらっとお酒のラインナップ。夜は飲み屋の側面が強いらしい。
夜に入ったらオーナーさんらは常連さんと盛り上がってる。
うーむ。

2.盛り付け ★★★★☆
基本は素の麺。それにトッピング、という形態。
素の値段は驚くほど安い(上記メニュー参照)。
で、当メニューは上品な盛り。コレはコレで好感。

3.味 ★★★★★
ほう、なるほどあっさり味。
ちょっと醤油強すぎか。ちょっと判断に迷うも、するする食べられる細麺の喉越しが心地よく、メンマや青菜も美味。ちゃーシュウは、なんと本場風の甘めしっかり味。コレ、もっと食べたい!
で、難なくスープ完飲。おおっ!

【らーめん】五香・13湯麺(かずさんとんみん)/湯麺セット


4.量 ★★★☆☆
お酒のシメにはちょうど良い量。
ただし、ラーメンだけ食べに来たら、男性の9割が「物足りない」と言うでしょう。
ならばもう1杯、いっとく!?(笑

5.価格とのバランス ★★★★★
文句なし。

ごちそうさまでした。
★★★★☆(4.0点)

◎13湯麺 五香本店
千葉県松戸市常盤平5-17-4
■電話:047-389-0064
■営業時間:18:30〜25:00(スープ切れまで)
■定休日:不定休

■公式サイト
web13湯麺

■とんみんマスターの日記
・今夜のお馴染さん

■前回の「チャレンジtheラーメン!」企画
【チャレ・ラー!】「都電に乗って」滝野川・山岸大勝軒 滝野川店/もりそば野菜(2007年03月28日)
【チャレンジtheラーメン!】京橋・らーめんダイニング ど・みそ/醤油こってりらーめん(2007年03月23日)


posted by とく@千葉県民 at 08:03| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | ■700円以内で食べられる中華/ラーメンランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お!五香。
ふたつ隣の駅前(くぬぎ山)に住んでましたYO。
飲みはだいたい五香でした。

13湯麺は東京に戻ってから開店したんで未食なのです。
Posted by タカ at 2007年03月30日 08:24
とくさん、タカさんお久しぶりです。

13湯麺、未だに行けず。問題は営業時間。
さっとラーメンを食べて帰っても11時?
一杯飲んだら、辿り着けそうもない??
Posted by AKzizi at 2007年03月30日 12:22
あらまタカサン!
ようこそ。

へえくぬぎ山ですか、この時期は自衛隊の桜が綺麗ですよね。
ワタクシも生まれてから小学校6年に至るまで北習志野で育ったので、新京成電車は懐かしい!

・・・んだけど、松戸市のほうはほとんど行ったことなかったなあ。
せいぜい「ありのみアスレチック」とか(マニアック
ちなみに、同じ千葉でも生活動線は鎌ヶ谷市アタリを境に切り替わります。常磐線筋(松戸・柏)と総武線(津田沼・船橋)筋に。

・・・と、本題と関係ない話題ですみません(笑
Posted by とく@管理人 at 2007年03月31日 00:02
ども!
>>akziziさま!

ご無沙汰しておりますね!!
ラーメン通の方がここにも。
やはり有名なお店なのですね??(←よく分かっていないヤツ)
決してこってり系でもないし、かといって「無化調」でもない(店主も公言してるし)。
でも、ここのも後をひく味でした。
量が少ないのもまた狙い、なんでしょうね。また来てもらうための。

しかしさすがにココは神奈川方面からだと遠いです(笑
ドイツ村の帰りにぜひ!?
Posted by とく@管理人 at 2007年03月31日 00:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

においフェチなので、
Excerpt: 甘い香りが大好きです。 桜もそのひとつ。  うつくしいもの  あまーいこえ  甘...
Weblog: しあわせの記録。
Tracked: 2007-03-31 20:03

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。