Twingoな日々: 【ランチ】『初挑戦!ラーメン二郎三田本店!』ラーメン(小)/三田・ラーメン二郎 三田本店

2007年02月20日

【ランチ】『初挑戦!ラーメン二郎三田本店!』ラーメン(小)/三田・ラーメン二郎 三田本店

三田・ラーメン二郎 三田本店
(2007-02-17 11:15)
ラーメン好きがリスペクトするラーメン屋『ラーメン二郎』
その本店が港区三田、慶応大学三田校舎横にあります。

しかし、実はワタクシ、恥ずかしながらココ『行ったことない』んです・・・
食べるのは大好きなんですが、そもそもあんまラーメンに興味が湧かなかったんですな。


■二度目の「二郎」
ただ確か10年くらい前、目黒の二郎には行ったことはあったのです。しかしそこで食したラーメン、あまり『ウケツケない味』、だったんですよね・・・

そうは言ってももぐもぐ隊としちゃあ、数多くのグルマンをなぜかとりこにしてきたこの名店を食わず嫌いとしてたんじゃ名折れ、ってもん。
ちょうど本日は昼前から港区芝公園界隈でお仕事があり、ちゃーんす!とばかりに立ち寄ってみることにしました。

■土曜の三田界隈は・・・
折しも今日は慶応大で入試があるらしく、なんだか辺りは緊迫したムード。しかしそんな中まだ11時前だというのに、いつも通りに展開される行列(汗)へと参加することにしました。

しかし土曜というせいもあるのか『オジサン』だらけなのにびっくり(←オマエモナー)

【ランチ】ラーメン(小)/三田・ラーメン二郎 三田本店
ラーメン(小)500円
上から撮ってしまったため、そのボリューム感がわかりづらいのですが、大きめのどんぶりに麺がスリキリイッパイ!、その上にさらにどっちゃり具!って感じ。

【ランチ】ラーメン(小)/三田・ラーメン二郎 三田本店
※にんにくアリ
麺と具を盛った上に客に確認してのせられるにんにく。

【ランチ】ラーメン(小)/三田・ラーメン二郎 三田本店
麺は自家製極太麺!

■感想
1.店の雰囲気・接客 ★★★☆☆
狭〜い店内。カウンターのみで10数席。
こういう有名店で、しかも「取材拒否」。さぞや頑固なオヤジかと思いきや愛想と恰幅のよいお父さん、って感じのマスターに好印象。

しかしこういうとこの店独自の符合、苦手なんですよね。一見お断わり、っていわれているみたいで。事前に『ファンサイト』などを観たほうが無難。
そのあたり解説すると長くなるので詳しくはこちらを参考のこと。

■参考
ラーメン二郎三田本店命
ラーメン二郎を食べた記録
ラーメン二郎 - Wikipedia
ラーメン 二郎 PC店

2.盛り付け ★★★★★
きゃー!

コレで小なら、大盛りはどーなる?
非常にぶっとくてでっかいチャーシュー(※「ブタ」と呼称)が2個。あとはどっちゃりと茹でキャベツ(+もやし)。
しかもコレ、発注時に増量することが可能らしい。腹ペコな慶応の体育会系クン達に愛されたお店ならでは。

3.味 ★★★★☆
ぎゃー!

こくのある、なんだか妙に懐かしいジャンクな味(褒め言葉です)。しかし、ちょっとにんにくと脂がキツかったかも・・・前回はソレがNGだったのかな、と振り返ってみたり。
というワケで、途中挫折しそうになりましたがなんとか完食。
うーん、確かに苦しかったけど、なんだかまた食べたくなる不思議な味だったかも。えー、味覚変わったのかなあ???
次回は脂ぬき、にんにくなし(←?それだと物足りないんだろうか??)、野菜増しで発注か。

4.量 ★★★★★
うひゃー!!

これで「小」っていうんだから。
そもそもボリュームある太麺が丼のほぼ全部を占め、その上にさらに具、というバランス。濃い味ゆえ、野菜を大盛りにしたほうがよりベターに思えました。次回は挑戦してみよっと。

5.価格とのバランス ★★★★★
すばらしい!

このプライスでこの満足度。
1杯1000円以上するラーメンも完全に否定するものではありませんが、やはり気軽な食であってほしいなと思うので大賛成。

というワケで、喰わず嫌いはイカンね。また来てみたいと思います。
ごちそうさまでした。
★★★★☆
(4.4点)

◎ラーメン二郎 三田本店
東京都港区三田2-16-4

三田・ラーメン二郎 三田本店
三角形のビル(「ラーメン二郎」自社ビル!?)


posted by とく@千葉県民 at 08:21| 東京 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | ■700円以内で食べられる中華/ラーメンランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
聖地、三田。
オヤジと共に女性客の増加が最近著しいですね。

チャーシューと呼ばず、ブタとお呼び下さい(;´Д`)
ニンニクは少なめが自分のデフォルトです。
多摩のジロリアンからすると野菜があまりにも少なすぎ...
マシマシでお願いスマッシュ。
Posted by タカ at 2007年02月20日 10:23
おおっ!
多摩のジロリアン「たか」さま、ようこそ!!

なんでも、味のほうも随分と違う、というお話。表現しづらいのですが、野菜と組み合わせたい感じのピュアな濃密さ、とでも言うんでしょうか、ともかく美味しかったです。ただ、にんにく弱いんで(汗)次回は抜き、もしくは少なめかな。

あ、チャーシューじゃなくって「ブタ」ですね。修整しておきましたので御確認を(笑
Posted by とく@Twingoな日々 at 2007年02月20日 11:40
ふふふ。
二郎道はここから始まるのです。
各店、それぞれ個性がありますのでお楽しみ下さい。
Posted by でぶん at 2007年02月20日 23:24
ども!
>>でぶんサマ

そうですね、全ての道はココから。そして全ての道もここへ続くのですね!?(笑
なんか妙にハマリそうな予感も・・・嗚呼!
Posted by とく@管理人 at 2007年02月21日 00:40
もぐもぐ隊の隊長!
三田と言えば、我が社の近く(泉岳寺ですが)ぢゃないですか。
また近くまで来ることあったら、声かけてくださいませ。
できれば、平日で・・・
Posted by ミナ at 2007年02月21日 13:38
ども!
>>ミナさま

泉岳寺ですか。慶応三田なら歩いて来れない距離じゃないよ(!?)。
ってか、仕事で品川方面に行くことは結構あるので、そのときにはぜひに・・・
Posted by とく@管理人 at 2007年02月21日 13:58
ごぶさたしてます☆いやー、ジャポネ以来ですよね。
あまりラーメンには足が向かなくてと伺ってましたが
いきなり二郎の総本山へアタックとは!素晴らしい!!

とく様の評価コメント、大変に正確かつ正直だと思います。
あれを「美味しい」と表現するのは間違いだと私自身も
確信してますから(笑)。
言ってみれば「ラーメンの評価基準が通用しない」、
一種のバケモノです。

しかし「うまい」と思わなくなっても、あれが「好き」に
なってしまったら、もはやフォースの暗黒麺、もとい
暗黒面に取り込まれたのと同じで・・・☆
 
またの機会には、声をかけて下さいね。ぜひ土曜の朝、
ご一緒できれば嬉しいです♪
Posted by tsukijigo at 2007年02月21日 19:11
ども!
ご無沙汰しております〜☆
毎週土曜の開店時、常に並ばれているとのウワサ、本当なんですか!?(笑

>>tukijigoさま〜♪

確かに、『一種のバケモノ』とは言い得て妙です。二郎の暗黒「麺」および暗黒汁(?)にすっかり完敗!職場や自宅が遠くて助かりました!?

・・・あ、いや地元にも二郎があったような気も?・・・ん、いかんいかん!

ともあれ、またまた行ってしまいそうな予感。次回はお声をかけますので、どーかよろしくです!
Posted by とく@管理人 at 2007年02月21日 20:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。