Twingoな日々: 餃子ライス(15個)/京成大久保・ホワイト餃子 船橋店

2006年11月12日

餃子ライス(15個)/京成大久保・ホワイト餃子 船橋店

津田沼・ホワイト餃子 船橋店

約5ヶ月ぶりにホワイト餃子にやってまいりました。


本店は千葉の北端、野田市。全国に支店があるほか、技術連鎖店(餃子以外にメニューのあるお店など)として、金沢の「第7ギョーザの店」、福井の「餃子専門店ひろ」、東京・巣鴨の「ファイト餃子」、神奈川の「相模原満金」、仙台の「ザ・餃子 仙台店」などなどあれこれあるみたいです(※いずれも未食)。

津田沼・ホワイト餃子 船橋店の餃子ライス15個
餃子ライス(15個) 819円 + マヨネーズ 75円
お新香、スープ付き

というワケで、今日もオプションのマヨネーズは欠かさず。
もちもちの皮は、七味マヨ&醤油が良く合います。
他の各店でもそれぞれオリジナルのタレがある、って話ですが、ホントでしょうか?

津田沼・ホワイト餃子 船橋店の餃子はマヨネーズでいただくのが通
例によって、マヨネーズは七味(+醤油)

■独特の焼き方
以前もご紹介しましたが、ここの餃子はちょっと違う餃子。

簡単に言うと、蒸し揚げ餃子って感じ。

まずフライパンにお湯を浸して蒸し焼きにし、その後、油をひたるほど投入し焼く、というか揚げるのです。
そのおかげで、皮はぷくぅと膨れ上がり、表面はカリっ!中はふんわりジューシィ!という独特の食感が生まれるのですね。

【詳しくは・・・】
ホワイト餃子ホームページ「調理方法」をご参照あれ。


京成大久保・ホワイト餃子 船橋店の餃子ライス15個


■感想
1.店の雰囲気・接客 ★★☆☆☆
1階はカウンター席、2階には4人がけテーブル席6、2人がげテーブル席1。
特別綺麗とかオシャレとかそういうのはなし。町の中華屋サン。

2.盛り付け★★★☆☆
オシャレとかそういうのはなし。

3.味★★★★★
薄皮のパリっとした、普通の焼き餃子を期待すると全然違います。肉厚のモチっとした皮は、肉まんのよう。餡は特に特長はなく。にんにくは・・・入ってないよね?(自信なし)

4.量★★★★★
多けりゃいいって、もんじゃないんだけど・・・ま、ここの場合、あえてこのボリューム感を味わいに来るんだってば。

5.価格とのバランス★★★★★
ボリューム対コストで見ると、まあ価格は妥当かな。

ごちそうさまでした。
★★★★☆(4.0点)

ホワイト餃子 船橋支店
千葉県船橋市三山2-1-12

※営業時間が短いので、特記
・営業時間:PM5:00 〜 PM8:00まで
・生販売:AM10:00 〜 売切れまで
・定休日:毎週 火・水曜日

■前回の『ホワイト餃子』でもぐもぐはこちら
・【夕飯】餃子ライス(15個)/ホワイト餃子 船橋店(2006年06月25日)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。