Twingoな日々: 【ランチ】「京橋名物の丼を頂く」京橋・京すし/鉄火ハ〜フ丼(いなだ)

2011年04月30日

【ランチ】「京橋名物の丼を頂く」京橋・京すし/鉄火ハ〜フ丼(いなだ)


そういえば久しぶり。
東京・京橋にある寿司の名店「京すし」へやってきました。
派手に主張するでもなく、それでいて凛とした空気が漂う店構えがいい雰囲気。最初アシを踏み入れるのはちょっと躊躇しちゃうかも。
ですが、ランチはそんなに凄いプライスというワケでもありません。
名物の「ハーフ丼」ならば、980円から頂けちゃうのですから。外観同様、店内も清潔感漂い落ち着いた雰囲気。物越し柔らかい職人さんたちの振る舞いも気持ちいい。
ここ京すしの名物丼は「ハーフ丼」の名の通り、寿司ネタが2種類どんぶりに盛られるというモノ。


おしながき
(他にも握り寿司やちらし寿司もあります)

残念ながらこの日は12時半過ぎに訪れたため、アジやサバ、ネギトロなどは終了とのこと。ネギトロって言ったって、回転寿司や安居酒屋で出てくるような脂っぽいだけのアレじゃあなくって、ちゃんと骨の間からかき出した本物を使っている証拠、ってことでしょう。
とはいえ、大好きな光りモノが頂きたかった・・・

ま、また次回はもう少し早く来るってことで、今日選択したのはこちら。



鉄火ハ〜フ丼(いなだ) 1120円
しじみ汁付き

実は鉄火を頂くのは初めてかも。マグロはづけ。いなだはみずみずしさが見た目にも分かる。



酢飯とネタの間には、細かく刻んだガリが載っている芸の細かさ。口に含むと、ネタの鮮度の良さにガリの爽やかな酸味、そして酢飯の甘みが三位一体でパーッと広がります。ああ幸せ〜♪
づけもイナダも、くどいところはなく優しい味わい。
その軽快さに箸の進みも好調で、すぐにぺロっとイケちゃう。
ああ、酢飯は大盛りにしてもらえば良かったかな、とちょっと後悔。
でも満足度は高し。

ごちそうさまでした。

◎京すし
■住所:東京都中央区京橋2-2-2
■電話:03-3281-5575
■営業時間:
 11:00〜14:00/17:00〜20:00
■定休日:土日祝

◎参考:
京すし(京橋)〜甘く調えられたハーフ丼 - ライフスタイル - nikkei BPnet

食べログ

当ブログ「Twingoな日々」内「京すし」関連記事はこちらから





posted by とく@千葉県民 at 07:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | OVER700円和食/居酒屋/お寿司系ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。