Twingoな日々: 【ランチ】『有楽町のガード下「丸三横丁」で頂く絶品手打ちうどん!』丸の内うどん たうたう/納豆うどん+玄米

2011年04月21日

【ランチ】『有楽町のガード下「丸三横丁」で頂く絶品手打ちうどん!』丸の内うどん たうたう/納豆うどん+玄米



JR有楽町駅から東京駅へと向かうガード下に今も残る昭和な景色、「丸三横丁」
なかなか一見客には近寄り難いオーラ全開の横丁ですが、そんな中ランチでは唯一、懐かしい古典スタイルの東京ラーメンを喰わせてくれる「谷ラーメン」が営業しています。
そして最近「手打ちうどん」の看板とともに、新たなお店が進出しているのをご存知でしょうか。



その名も「丸の内うどん たうたう」。夜はやきとりの「銀楽」というお店で、最近流行りの二毛作スタイルを採り、昼間は別の店主が営業しているようなのです。




国産小麦の手打ちうどんに国産こんぶとしいたけで取ったという植物性の優しいおダシと「体に優しい」をコンセプトにとことんこだわっているのだとか。
うーん気になる!

思いっきり古い店内にちょっとドキドキしながら入ってみると、その雰囲気とは思いっきり場違いな感じの若い店主がひとり。




ステキな店内の様子


当然ながらうどんもお客が来てから茹でるので、オペレーションはちょいと遅めかも。でもいいんです。レトロなんかじゃなく、本物の古い店内などのんびり眺めていれば、あっという間に時は過ぎて行くのですから。
ま、時間に余裕ある日に行ったほうがいいのは確かですが。



納豆うどん 650円



素うどんと違いダシ汁には浸かっておらず、優しいダシが絡まった大粒の納豆と絡めて頂きます。
納豆の上にあるのは紫大根。こういう色の大根なんだって。
おうどんは腰があって食べ応えあり。じっくり噛みしめて味わうと、なんとも幸せな気分。手打ちらしく太い端切れのミミの部分も入っているのもウレシイところです。
お上品なおダシに、大粒納豆の旨みが良く合うこと!
なんというか、真面目そうな店主の人柄がうどんとダシにしっかり出ていますね。


玄米 150円

そして、おもわず追加で頼んだ玄米がまた抜群!!
慌ててかき込まないよう注意(笑)。良く噛んで食べましょうね。
とはいえ、上に載る岩海苔としらす干しの旨みだけで、そうでなくてもご飯がススムススム♪(感涙

もちろん最後には・・・



納豆がけご飯にしたのは言うまでもありませんな・・・幸せ・・・

お昼からこんなに幸せな気分にさせてくれたのは久しぶりです。
うーん大満足。
ごちそうさまでした。

同行者は・・・



かけうどん 500円と玄米 150円

シンプルだけど、実にステキな組み合わせ。次回はこちら、イッテみようっと。



畑の肉味噌うどん 750円


◎丸の内うどん たうたう
■住所:東京都千代田区丸の内3-6-8 丸三横丁 銀楽
■電話:03-3231-4955
■営業時間:11:00〜14:00
■定休日:土・日・祝日

当ブログ「Twingoな日々」内「たうたう」関連記事はこちら

当ブログ内「丸三横丁」関連記事はこちら



コシのあるうどん!



posted by とく@千葉県民 at 22:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■700円以内で食べられるおそば・うどんランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。