Twingoな日々: 【ランチ】ツナと茄子のトマトソーススパゲティ/有楽町 ビバリー 有楽町ビル店

2006年06月08日

【ランチ】ツナと茄子のトマトソーススパゲティ/有楽町 ビバリー 有楽町ビル店

image/twingo-toku-2006-06-08T13:56:48-1.jpg

今日は、オーオカヘンシューチョーがめずらしく『パスタが喰いたい』と主張。おお、珍しい!
うーんパスタかあ最近新規開拓してないなあ、と思っていると隣席のするとトコチャン、まこちんから気になる情報が。
それによると、なんと格安にして大盛りにしても価格が据え置きなお店なんだとか!
へえ〜行ってみますか。




しかし、『有楽町電気ビルの奥にありますよ、ビルの中2階です』という情報を鵜呑みにして行ったところ・・・

・・・ん?

何処にもない!


おっかしいなあ、あるって言ってたよなあ〜と、2階まで登ってみたりしたけどなーんもなく。
手前の有楽町ビルに行くと
「あるじゃん」

もう、すっかり運動しちゃったよお、オナカ減っちゃったなあ(笑

ビバリー 有楽町店外観

【さっそく入ってみた】
引っ込んだ場所なのにみんな良くここの場所みっけたもんだ。
このあたり丸の内のオフィスビルにあるレストランは大抵の場合地下かせいぜい地上1階。こちらもそういう思い込みだったから、2階というのはちょっと意外でした。お客さんが結構並んでました。5分ほど並んで席に。

横に長〜い店内。結構なお客さんの数ですね。夜は呑み屋みたいで、バーカウンターなどがあります。
万国旗がぶら下がっているのはサッカー対応か。スポーツオンチなワタクシには興味ないのですが、世間は盛り上がっていますね(他人ごと)。

ビバリー 有楽町店580円パスタ訴求

メニュー表には

「580円」
「680円」

・・・の統一価格でそれぞれ4品ずつ。
580円は
 ・「昔ながらのナポリタン」
 ・「ツナと茄子のトマトソーススパゲティ」
 ・「和風きのこスパゲティ」
 ・「ほうれん草とベーコンのスパゲティ」
680円は
 ・「優しいミートソーススパゲティ」
 ・「ほうれん草とスモークサーモンのトマトクリーム」
 ・「カルボナーラスパゲティ」
 ・「渡りガニと小海老のトマトソーススパゲティ」

それと日替わりメニューも580円と680円で各1種類。

さらにはコレで満足できない方のために?
 ・「ハンバーグステーキ&パスタ 980円」
 ・「ホクホクポテトコロッケ&パスタ 880円」
 ・「カニクリームコロッケ&パスタ 980円」
・・・なんていうコンビネーションものまで・・・

しかしなんと言っても
Mサイズ(普通)、Lサイズ(普通の1.5倍)、LLサイズ(普通の2倍)ともに価格は同じ

・・・というのがココのなによりの売りでしょう。

こりゃスゴイ!


この界隈で4、5年働いていますが、何で今まで気付かなかったのだろう!
まだまだですね、ワタクシってば・・・
(※注記:あとで調べたら05年7月5日にオープンしたお店らしい)

ビバリー 有楽町店のツナと茄子のトマトソーススパゲティ
ツナと茄子のトマトソーススパゲティ 580円
(※写真はLLサイズ・・・奥のタバスコ瓶で比較してね←分かりづらい?)
『女性に人気のトマトソース』(メニュー表いわく)

サイズに関わらずこの値段、となれば、そりゃ行くでしょLLサイズ!

【ジャポネとビバリーの違いとは】
大盛りというと思い出す「ジャポネ」。
 
全メニュー制覇して以来最近はご無沙汰してますが。
あそこは、茹で済み(?)の麺をフライパンであおる「炒め麺」ですが(笑
ココはちゃんと(?)茹でてアツアツを出してきました。当たり前か。

あ、パスタは細麺ですね。昨日今日と細麺が良く当たるのは偶然?必然??

昨日と同じで、こちらも量こそスゴイけれどパンチに欠ける面も。
ソースも「湯切り」(っていうのか?)があまいらしくちょっと薄まってしまってました。
というワケでトマトソース独特の濃厚さもなし。アレが味わいたくってトマト系にしたというのに。

そもそもパスタってのは「麺」そのものの風味や量感(?)を味わう料理なのだから、細麺ってのはちょっと物足りない感じ。
麺の量はかなりスゴイのに、なんだろうこの「満たされない」気分・・・

次回は具沢山っぽい「ナポリタン」あたりをトライしてみようと思います。

ごちそうさまでした。
★★★★☆
(価格で+★1、味だけで言ったらふつー、もしくは物足らない。★★★☆☆)

◎ビバリー 有楽町店
東京都千代田区1-10-1 有楽町ビル2F

経営はヴィア・ホールディングスの事業子会社フードリーム
「ロゴやアーリーアメリカン調の内装は、すかいらーくが80年代に展開した「イエスタディ」を模したもの。同グループ代表はすかいらーく創始者・横川四兄弟の四男紀夫氏で、幹部も同社出身者で占められる。」そうな。
へえへえへえ〜。。。
(※参考:「フードビジネス総合研究所」フードビジネス出来事 アーカイブスより)

ぐるなび


【ヘンシューチョーの判定は・・・】
ちなみに同行のオーオカヘンシューチョーは・・・

ビバリー 有楽町店のほうれん草とベーコンのスパゲティ
ほうれん草とベーコンのスパゲティ 580円
(※写真はLサイズ)
『ガーリック風味のピリッと辛いスパゲティ』(メニュー表より)

他の席を見るとコレを頼むヒト多し。
オーオカ採点は★★★☆☆
やはり「何か満たされない気分」、だって。ちょっとしょっぱいらしい。

ま、次回は塩系をトライしてみましょう。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。