Twingoな日々: 【呑み】京橋・鮮彩魚 早瀬

2011年03月10日

【呑み】京橋・鮮彩魚 早瀬


東京駅や銀座、日本橋からも徒歩圏内、それでいてちょっと穴場的エリアなのが京橋です。
銀座辺りに比べるとお手ごろなプライス。築地からも近く、新鮮な魚介が直送されるのは銀座同様ですね。お店によっては直接築地に出向き仕入れているはずです。
そんなワケで密かな人気を集める京橋で呑みました。
生ビール

3月の頭、平日ド真ん中の水曜日だったのだけど、予約でいっぱいだった「早瀬」。
カウンター席ならどうぞ、と入ったのでした。
そのカウンター、こだわりの欅[ケヤキ]の一枚板カウンター(樹齢百年以上)らしいですよ!

で、その後当日の予約キャンセルが入ったらしく、運よくテーブル席に移ることが出来ました。


お通しは茹で蛸がたっぷりと

当然ながらこちらの魚介も築地直送をうたいます。


蕗のとうの天プラ 500円

可愛らしいふきのとう。春ですねえ。


筑前煮 780円

この日のオススメ「筑前煮」。
メニューには「筍・椎茸・大根・人参・牛蒡・里芋・日向鶏」「秀吉が戦場で食べていたそうです」とのコメントまでありました。
お惣菜で出てくるアレとはちょっと違う、割烹の創る筑前煮は見た目にも期待感大。
ほっこりな里芋やしゃきしゃきな筍が美味しい。新筍は鹿児島産。
皆さんお好きなようで、この日はじきに売り切れていたようです。


新空豆焼き

ソラマメって夏の食べ物なんじゃ?と思いちょこっと調べてみると、5〜6月がピークのようです。夏というより春から初夏、というイメージでしょうか。
ただしそらまめは日本全国で作られているようで、南の鹿児島などは11月頃から出荷が始まっているようです。へえ。
まあ、春を予感させる(先取りした)ということでしょう。
で、これもその鹿児島産。

◎参考:
そら豆の旬・種類・下ごしらえ - [ソラマメ(そら豆)] All About


ねっとり長芋焼き 680円

こちらは焼き山芋
これまたシンプルだけどオツな逸品。おうちでも真似出来そうです。


本日のおすすめお刺身盛り合わせ 1900円(2人前)

築地直送のお刺身はお上品な盛り。このお店はマグロを売りにしているようで、早瀬名物とレコメンドする「ネギマ鍋」をはじめ、マグロの貴重な部位(のど肉、ほほ肉、脳天、カマトロ)などもメニューに書かれていました。次回はそちらを挑戦してみましょうか。


そんな中で「サービスです」と出てきたマグロの佃煮。
旨い旨い。いろんな部位が雑多に入っていて、見た目より複雑な味が楽しめましたよ。


鰯の丸干し 500円

コイツをお酒のアテにちびちびと。
ビールに焼酎など、さほど量は呑まずで男2人、トータル約12000円くらいでした。

満足満足・・・
ごちそうさまでした。

◎鮮彩魚 早瀬(せんさいぎょ はやせ)
■住所:東京都中央区京橋3-3-11 京橋サウスB1
■電話:03-6423-1863
■営業時間:
 ・ランチ  月〜金 11:30〜14:00(L.O.13:30) 
 ・ディナー 月〜土 17:30〜23:30(L.O.22:30)
■定休日:日・祝

◎参考:
ぐるなび

食べログ

当ブログ「Twingoな日々」内「京橋 早瀬」関連記事はコチラ









ラベル:京橋グルメ 早瀬
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。