Twingoな日々: 【ランチ】両国・ちゃんこ巴潟/サービスちゃんこ

2011年01月08日

【ランチ】両国・ちゃんこ巴潟/サービスちゃんこ



仕事で両国に行ってきました。言わずと知れた国技館の街。ならばランチは、ちゃんこでしょ。
同行者には「安易だなあ」と揶揄されましたが(笑)、観光地とかそういうところなら、名物をいただくのが基本でしょ。
以前訪れた老舗の「ちゃんこ川崎」にまた行きたいなあと思ったのだけど、残念ながらこちらではランチはやっていない。

相撲の街だけに、他にも幾多のちゃんこ屋さんが並ぶ中、ランチをやっているのは意外に少ない。その中で「ちゃんこ巴潟」(ともえがた)に行ってみました。

結構立派な店構え。本館と新館があり、ランチは新館のビルで頂けるようです。
1階で声をかけ、エレベータに乗って上のフロアへと向かいました。座敷のお部屋でした。


ランチメニュー。「サービスちゃんこ」840円ナリのコストパフォーマンスが気になるところです。


今日の日替わりちゃんこは「鴨つみれちゃんこ」


サービスちゃんこ 840円(平日のみ)
※今日の日替わりは「「鴨つみれちゃんこ」
ご飯、小鉢、お新香付き

コンロは使わず、予め暖められた鍋が供される。しかし「ちゃんこ」の結構なボリュームにびっくり。1人前にしては十分過ぎるボリュームで、女性などは持て余すくらいかも。ちなみにご飯のお替りOK。
周りの席を見渡しても、確かに外回りの営業マンらしき男性客ばかり。納得。



今回セレクトした「サービスちゃんこ」840円の上は「幕内ちゃんこ」1260円、「小結ちゃんこ」1890円とランクアップしていくのだけれど、これは付属の小鉢やらデザートの数が増えていくだけで、鍋自体は一緒とのこと。その程度の違いならば、サービスちゃんこのコストパフォーマンスが際立って見えますね。


スープは、ちゃんこ鍋の基本たる鶏だしのソップ炊き。
ちなみに、ちゃんこと言えばなんで鶏かと言えば、土俵に手を付いてはいけないお相撲サンゆえ、牛や豚のように前足を付く動物より、2本足で歩く鶏のほうがよろしい、という縁起かつぎの面もあるのだとか。
同様に、まあるい鶏の肉団子も「白星」のイメージだって。へえ〜・・・ちょっと後付けっぽい理由だけれど、まあハナシの種にでも。

で、ダシは見た目よりは濃い味。まあ、味について特筆すべき点はなし。
具は水菜、白菜、油揚げやごぼうなどなどお約束の具材ばかり。そして鴨(らしい)手作りのつみれもごろごろ入っていましたよ。具沢山なのがウレシイ。
大人数で入ってもOKなキャパと(観光バスのコースにもなっている模様)、「観光地」なのに非常にコストパフォーマンスが良い※点を評価したいです。
(※ただし「サービスちゃんこ」限定)

うーん満腹満腹・・・
ごちそうさまでした。

◎ちゃんこ 巴潟
■住所:東京都墨田区両国2-17-6
■電話:03-3632-5600
■営業時間:
 11:30〜14:00(ランチ)
 月〜金 17:00〜23:00(L.O.22:00)
土・日・祝16:30〜23:00(L.O.22:00)
■定休日:年末年始(6〜8月は月曜定休)

◎参考:
ちゃんこ巴潟 ホームページ

ぐるなび

食べログ


posted by とく@千葉県民 at 17:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | OVER700円和食/居酒屋/お寿司系ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。