Twingoな日々: 会社帰り、映画のロケに遭遇・・・の後日談

2005年06月07日

会社帰り、映画のロケに遭遇・・・の後日談

img20050607.jpg
以前、11月23日に書いた「Twingoな日々」のエントリで、偶然会社帰りに映画のロケに遭遇したと書きました。(※写真の車両は全て劇用車です)


ちょうど、主演のふたり(○ースケサンタマリアと○野美紀、と、寺○進)が大騒ぎしながらあるものを探しているシーンをやっていて、それを遠巻きに見かけたのでした。

◎参考:同映画のスタッフブログ『目撃者 事件現場日誌(2004年11月23日)』より


で、今日。会社を早くあがれたので、近所のシネコン(夜は1200円で観られます)で遂にその映画を見ました。

で、肝心の私が観たシーンはというと・・・

コレ、観た人にしかわからないネタですが・・・
・・・オレが見たの、むちゃくちゃ重要なシーンだったじゃん!
ちなみに、新宿のコンサートホール、という設定でした。

そんな場にいれたことが、ちょっと嬉しかったりして(←ミーハー&単純)。。。

追伸:
(ちょっとネタバレ含む)
tokyo_metros-_1.jpg

その映画「交渉人 真下正義」は、舞台が地下鉄。うーむ、なんとも微妙な時期に公開したもんだなあ、と感じました。そこがちょっと残念。

しかも、車両の急制動にともなう車内のパニックシーンや衝突シーン(!)、けが人が運び出されるシーン(!!)とかもあったりして、なんとも後味の悪いものに。本来ならそのリアルさ加減が同シリーズの持ち味なんですけどね、今回はちょっと逆効果だったようで。

ちなみに、地下鉄のシーンは、神戸市営地下鉄やJR西日本(!)などが協力しているようで、私が観て判った範囲では、集中指令室の画像にJR西日本の207系(!!)が映っているように観えました(違うかも、ですが)。

とはいえ、内容自体は一連のシリーズ同様に非常に面白かったですよ(と、フォロー)。
特に寺島進氏演じる捜査1課の木島警視がイイ味出してました。
あと、東京の地下鉄が全て微妙に変えてあったりするのもマニア好み。

架空のTTR(東京トランスポーテーション・レールウェイ)という会社の路線となっており、
東京メトロの実在する線をイメージしています。

路線名も
・銀座線→渋谷線
・丸の内線→八重洲線
・日比谷線→目黒線
・東西線→東陽線
・千代田線→代々木線
・有楽町線→桜田門線
・半蔵門線→九段下線
・南北線→白金線
実際に今建設中の13号線→14号線(!)


・・・なんて感じで、微妙に変えてある「踊る」シリーズっぽいこだわりにもちょっと嬉しくなったりして(笑)。

◎参考:『目撃者 事件現場日誌(2004年12月5日)』


posted by とく@千葉県民 at 00:42| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 『映画』な日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
車両自体は大阪市営地下鉄ですねぇ〜。
あのリニアモーターは最初都営大江戸線だと思いました。。。
Posted by マキシ at 2005年06月10日 23:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。