Twingoな日々: ロスト・イン・トランスレーション

2004年05月27日

ロスト・イン・トランスレーション

apxaq31b.JPGなぜか、映画づいてます。
もうすぐ終わっちゃいそうなので、前から気になっていた「ロスト・イン・トランスレーション」を連れと観てきました。
全編トウキョウロケ。
まだ若いソフィア・コッポラ監督の作品です。

【感想】
何か事件が起こるワケでもなく。
しかし何事もないところが、この映画の見どころです。

今が充実していて、毎日が過ぎていくのもあっという間で、とっても幸せで・・・って人が見たら、ただ退屈なだけの作品かもしれません。

でも、ふと人ごみの中で孤独感を覚えたりするような、ぽっかり穴が空いたような寂しさを感じる気分って誰にでもあると思うのですが、そんな空気が、全編に漂っているとこが妙にツボ、だったです。あと、音楽も良かった。(「風を集めて」!)

つまりこれは、ひとりで(独りぼっちで!)見に行くことをオススメしますね。終わった後に喫茶店とかで連れと「ああ楽しかったね感動したね盛り上がったね泣いたね」ということを語り合うような種の映画ではない!ということのようです(しいていえば、マシューの登場と病院のおばあちゃんのシーンはかなりウケたけど、他の「狙ってる」っぽいシーンはいまひとつ)。
『独り』でまったりと、観るでもなく観る夜中にテレビでやってる映画・・・っつー感じ?
誉めてますよ、いちおう。

でもそれって、映画館で無くっても・・・DVDでも十分、ってことかな(笑)。
まだ見ていない方は、ビデオ化に期待しましょう。

【感想2】
パンフを買わなかったのであとでネットでいろいろ調べてみたところ、色々と日本の業界人、いわゆるカタカナ系(死語)のお洒落な方々(皮肉)が出演していたのだとか。
エンドロールに「HIROMIX」の名前が出てたのは発見できたけど。その他にもいろいろ。
なんかこう、ちょっと萎えたのはなんでだろ(笑)。←この感じ、誰か分かってくれるだろうか?

【追記】
見ていて妙に違和感を感じたシーンがあって。
むむ?と思ったら、
【本編の日本人女性の留袖姿の合せについて】
『本編中で、ボブ(ビル・マーレイ)と、シャーロット(スカーレット・ヨハンソン)がパークハイアット東京のエレベーターで出会うシーンがありますが、一緒にエレベーターに乗り合わせた日本人女性の留袖姿の合せが逆になっているというご指摘を頂きました。これについて返答致します。

これは、ソフィア・コッポラ監督が、ボブとシャーロットを逆にしてフレーム中で捉えるためにネガを反転させたという演出上の意図によるものです。従って、画面全体が左右逆になった結果、合せも逆に見えるという事になっております。

何卒、ご了承頂きたく思います。』
だそうです(公式サイト)より。
なるほど。
すっきりしました。

【皆さんのレビューアレコレ】
パークハイアッド東京・・・ロケ地のホテル!

yahoo!movies

シネこみ

30歳独身男Kazuakiの映画日記

yunapudding・アートコラレーション企画DuOによる

Pocket Warmer

take a nap


posted by とく@千葉県民 at 11:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(4) | 『映画』な日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ロスト・イン・トランスレーション〜ル・トン〜メイド・イン・マ...
Excerpt:  今日はPTA総会の代休。ここ数ヶ月の念願であった映画館での新作映画鑑賞! 夜もスカパーでと、映画三昧の一日であった。 宇都宮に昨年秋オープンしたシネコンMOVIX宇都宮にて「ロスト・イン・トランスレ..
Weblog: 『日々是好日』
Tracked: 2004-05-28 14:33

ロスト・イン・トランスレーション
Excerpt: 「なんてことなく観れば、なんてことない映画。東京やパークハイアットを知ってれば、それだけで楽しいかも。なーんて思ってたら、憎いほどのラストに打ちのめされた。」 予定通り、新潟市遠征です。こちらのロビー..
Weblog: 30歳独身男Kazuakiの映画日記
Tracked: 2004-05-29 00:23

ロスト・イン・トランスレーション
Excerpt: LOST IN TRANSLATION (2003年アメリカ/日本) 2004/11/26@早稲田松竹 この人生はどこに向かっているんだろう。 今の自分は本当に幸せなんだろうか。 漠然とした不安。 ..
Weblog: befounddead
Tracked: 2004-11-30 19:21

「ロスト・イン・トランスレーション」
Excerpt: ソフィア・コッポラ監督の2作品目。 2003年度作品。 この監督、フランシス・フォード・コッポラの娘。 この一家、映画産業にかかわってる人が多し。 この作品でソフィア・コッポラが2003年アカデミー脚..
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2004-12-30 04:50

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。