Twingoな日々: 【2010 さよなら「能登号」「北陸号」 北陸"テツ"な旅 その18】悲しみ本線〜♪「寝台特急 日本海」を見送る

2010年02月15日

【2010 さよなら「能登号」「北陸号」 北陸"テツ"な旅 その18】悲しみ本線〜♪「寝台特急 日本海」を見送る

【2010 さよなら「能登号」「北陸号」 北陸

さあ、いよいよ旅のファイナル。夜の金沢駅にやってきました。列車に乗り込む直前のわくわくした気分はいつになっても変わりませんね♪

と、我々が乗り込む「北陸」号の前に、同じブルートレインの「日本海」号がやってきましたよ。


この「日本海」は大阪を17時47分に出発。その名の通り日本海沿いに北上しながら、翌朝8時34分に青森へと到着する夜行列車です。ここ金沢には21時半頃に到着します。
かつては2便が設定されていた日本海号。1本は青函トンネルを越えて函館まで足を延ばしていたのですが、今では1往復のみになりました。とはいえ、全国のブルートレインが次々と消えゆく中でも孤軍奮闘頑張っています。特に、開放型A寝台車はココでしか見られないもの。

昼間、大阪と青森を結んでいた特急電車「白鳥」もなくなり、特に関西と山形・秋田の庄内地区を結ぶのはこの日本海くらいしかありません。という意味で需要もそれなりにあるようですが、はてさてどうなるのでしょうか。

2010 さよなら「能登号」「北陸号」 北陸"テツ"な旅 一覧はコチラから

【2010 さよなら「能登号」「北陸号」 北陸

ここから夜を徹して青森へ一直線! 
行ってらっしゃい〜。


posted by とく@千葉県民 at 05:00| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車の旅〜鉄道の旅〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まだまだ需要のあった庄内地区のダイヤ切り捨ては悲しかった。
(鶴岡3:31、酒田3:55て・・・)
おそらく、秋田・青森県内の時間帯、北陸地区(金沢〜直江津)の結構な需要量、そして衰退していく庄内需要も鑑みた結果なのでしょうけど。

それなら「いいとこ取りの新しいスジ」でもよかったような。
素人考えですが。

ヘヴィユーザーだからこそわかる
「なんの変哲もないフツーの夜行列車」の超重要な役割。

関西に出てきた東北出身の団塊世代(ウチの親)にとっては、ふるさと直結の重要な足なのに。
冠婚葬祭、悲喜こもごも。人生が詰まってるよねぇ、夜行列車。

いまや変な連中で大賑わいですよ、トホホ(涙)
修学旅行需要はバスにシフトでしょうかね、将来。
Posted by いっぽこ at 2010年02月15日 12:45
>いっぽこさま

なるほど修学旅行需要は一定の数が見込めるのですね。うーんそれは捨てがたいなあ。ちなみに次の記事でも書いていますが、能登・北陸ともほぼ9割方が「お名残り乗車」のマニアな方々でした・・・なんせ能登のグリーン車も満席でしたから(!)。その代わり、自由席はガラガラだという不思議(笑
でも今週辺りからはそんなこともないのでしょうね。1月中に乗っておいてまだ良かったのかもしれません。
Posted by とく@管理人 at 2010年02月17日 12:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。