Twingoな日々: 【2010 さよなら「能登号」「北陸号」 北陸"テツ"な旅 その7】高山本線に乗って猪谷に向かう

2010年02月04日

【2010 さよなら「能登号」「北陸号」 北陸"テツ"な旅 その7】高山本線に乗って猪谷に向かう

高山本線 キハ120形に乗って猪谷に向かう


さて、富山からは北陸フリーきっぷ区間の南端を目指し、高山本線に乗り換えます。

本線と言ってもライト級の一両編成レールバス。しかしローカル線とはいえ、しばらくは意外にも(失礼)富山近郊は新興住宅街の中を駆け抜け、だからこの区間は割と頻繁に運転されています。

JR高山本線 沿線風景(神通川)

そうこうするうち、列車は山間部へ。みるみるうちに積雪が増えてきました。フリーきっぷ区間内の目的地は、JR西日本とJR東海の境界駅、神通川(イタイイタイ病!)の渓谷沿いで山あいにひっそり佇む猪谷駅。この駅を過ぎると高山本線は岐阜県に入ります。

JR高山本線 猪谷駅 駅舎

駅に降り立つと…さ、寒い! ホームにあった気温計の表示は2度(この日、日本海沿いはいつになく暖かい日だったのです)。富山とは随時と気温差があります。

JR高山本線 猪谷駅 気温計は3度を示す

猪谷駅は、路線バス並みにのんびり走るディーゼルカーの各駅停車の速度でも、富山の市街地からわずか4、50分の距離だけど、かな〜り遠くに来た気分。旅情だなあ。



改めて・・・鉄道の旅って、楽しいなあ、としみじみ実感!

 
2010 さよなら「能登号」「北陸号」 北陸"テツ"な旅 一覧はコチラから

JR高山本線 猪谷駅 構内
妙にだだっ広い猪谷駅構内。
2006年まではココに神岡鉄道(旧・国鉄神岡線)が接続していて、神岡鉱山から硫酸の貨物輸送も行っていた名残りなのだった。


ラベル:高山本線 猪谷
posted by とく@千葉県民 at 11:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらり途中下車の旅〜鉄道の旅〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。