Twingoな日々: 【晩飯】「希少な金華豚のロースかつを満喫!」六本木・とんかつと豚肉料理 平田牧場 東京ミッドタウン店/金華豚ロースかつ膳

2008年12月24日

【晩飯】「希少な金華豚のロースかつを満喫!」六本木・とんかつと豚肉料理 平田牧場 東京ミッドタウン店/金華豚ロースかつ膳

クリスマスのライトアップで賑わう東京ミッドタウン

所用で六本木。夜のライトアップに彩られた東京ミッドタウンにやってきました。
ちょっと場違いなエリアだなあと思いつつ、目指したのは「とんかつと豚肉料理 平田牧場」。やはり色気より喰い気です(笑)。
山形県酒田市で豚肉の生産から加工・流通・販売に至るまで行う「平田牧場」銘柄豚の直営店で、ここ東京ミッドタウンでは平牧三元豚の肉、生ハムやソーセージの物販店に加え、イートインスペースを持っているんですな。
やたらとお高い高級なお店が居並ぶ東京ミッドタウンの中でも、ココは「サクっといただける手軽な晩飯を」、なんて時に貴重な存在なのです。

「希少な金華豚のロースかつを満喫!」六本木・とんかつと豚肉料理 平田牧場 東京ミッドタウン店/金華豚ロースかつ膳
金華豚ロースかつ膳(キャベツ、ご飯、味噌汁、漬物) 2,000円

平田牧場銘柄豚の中でも最上級に位置するのが平牧金華豚。中華の高級食材「金華ハム」の材料として知られる金華豚を、平田牧場では交配種の「平牧金華豚」と、より希少な純粋種である「平牧純粋金華豚」として育てており、今回の「金華豚ロースかつ」で使用されるのは前者のよう。なんでも、穀物のほかに山形の庄内米も食べさせているのだとか。ホームページによれば「和牛にも負けない霜降りと絹の様にきめ細かな肉質とコクがありながらあっさりとした甘味を持ち、その希少性から幻の豚とも呼ばれる」との表記。

以前にココで食したことがある通常の「三元豚ロースかつ膳」1300円(これだってジューシーで十分に旨かった!)に対し、実に700円増しのプライスの価値はあるのか、試してみることにしました。
六本木・とんかつと豚肉料理 平田牧場/ほのかにピンク色した「金華豚のロースかつ」

切り口はほのかにピンク色。最初はお塩でいただきます。
ガブっとかみ締めると甘〜い脂の味がほのかに。なるほど、これを濃厚なソースにべちゃっとイッてしまうのは、かなり下品なハナシだということが分かります。豚肉って、美味しいですねえとあらためてしみじみと感じてしまうのです。
しかし口上とは違い、意外としっかりした肉々しい肉質を感じるのは、ちょっとばかり火を通しすぎたからなのかもしれません。ロースかつ、案外難しいものなんです。

そう、以前に訪れた際「おっ」と感激した三元豚ロースかつとの700円の差は、ワタクシの鈍感な舌には良く分からなかったというのが正直なところでした。うーむ。
とはいえ、もう一度食べ比べてみたいなあ。

ごちそうさまでした。

◎とんかつと豚肉料理 平田牧場 東京ミッドタウン店
■住所:東京都港区赤坂9丁目7番3号 東京ミッドタウン ミッドタウン・ウエストEB108(ガレリア/B1F/27)
■電話:03-5647-8329
■営業時間:11:00〜21:00(L.O20:30)

■参考:
平田牧場オンラインショッピング

東京ミッドタウン

六本木・とんかつと豚肉料理 平田牧場/三元豚 おつまみ盛り合わせ ジョッキセット
おつまみ盛り合わせ(ジョッキセット) 1000円

六本木・とんかつと豚肉料理 平田牧場 東京ミッドタウン店/夕食時間帯のメニュー 1
メニュー

六本木・とんかつと豚肉料理 平田牧場 東京ミッドタウン店/夕食時間帯のメニュー 2
オススメメニュー

東京ミッドタウン ライトアップ


posted by とく@千葉県民 at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | OVER700円その他ジャンルランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。